安心のNTTグループ「OCNforドコモ光」

光回線比較 ドコモ光 おすすめ

NTTフレッツ光は、「○○+光」という名前で様々なコラボが行われています。ドコモ光は、最初のコラボだったんじゃないかと思います。

回線はフレッツ光を使用しています。

光回線には帯域(たいいき)という概念があるのですが、帯域の一部をドコモに割り当てられているということになります。速度はフレッツと同等です。

1.ドコモ光 料金

料金は、光回線+プロバイダー料のセット料金です。プロバイダー料が含まれています。

戸建ての場合

タイプA
対応プロバイダーA
5,200円(2年契約)
6,700円(期間なし)
タイプB
対応プロバイダーB
5,400円(2年契約)
6,900円(期間なし)
単独タイプ
プロバイダーは別途
5,000円(2年契約)
6,500円(期間なし)
ドコモ光ミニ
プロバイダーは別途
2,700円~5,700円
(2年契約)
4,200円~7,200円
(期間なし)

対応プロバイダーAとは
ドコモnet、plala、So-net、GMOとくとくBB、DTI、Tigers-net.com、BIGLOBE、excite、andline、ic-net、U-Pa!、@nifty、エディオンネット、SYNAPSE、TiKiTiKi、楽天ブロードバンド、hi-ho、COARA、@ネスク、SIS

対応プロバイダーBとは
@TCM、OCN、TNC、AsahiNet、WAKWAK、ちゃんぷるネット

マンションの場合

タイプA
対応プロバイダーA
4,000円(2年契約)
5,000円(期間なし)
タイプB
対応プロバイダーB
4,200円(2年契約)
5,200円(期間なし)
単独タイプ
プロバイダーは別途
3,800円(2年契約)
4,800円(期間なし)

対応プロバイダーは上記と同じ

ドコモのスマホを使っている場合は、ずっとドコモ割りなどの割引があります。

2.ドコモ光はこんな方におすすめ

ドコモ光はドコモの携帯を契約していない方でも申し込みできますが、やはりメリットがあるのはドコモ携帯の割引です。

家族全員が毎月最大で1,000円割引になるのは魅力です。3人がドコモスマホを持っていれば最大で毎月3,000円が割引になりますから。

そのほか、今現在NTTフレッツ光とプロバイダーを別々に契約している方は、同じプロバイダーが選べてプロバイダー料金込みで月額料金が安くなるドコモ光を選択する方法もあります。

3.申し込み方法

NTTフレッツ光を使用している方

・NTT東日本または西日本で「転用承諾番号」を取得する
・ドコモ光に申し込む
・工事は特に必要ありません
・開通
フレッツのユーザーは違約金は必要ありません。
今お使いの電話番号や電話機は月額500円の光電話を契約することで、そのまま使用できます。

他社の光コラボを使用している方

・今利用している光コラボで、「事業者変更承諾番号」を取得する。
・ドコモ光に申し込む
・この場合は特に工事は必要ありません
(NTTフレッツ以外のauひかりなどを利用している方は工事が必要です。)
・開通

今お使いの光電話はそのままで月額500円で使えます。

代理店経由だと大きなキャッシュバックが受けられてお得です。詳しくはこちらから。

⇒ GMOとくとくBBのドコモ光

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする