安心のNTTグループ「OCNforドコモ光」

光回線比較 ぷらら光 おすすめ

ぷらら光というのは、株式会社NTTぷららが提供している光コラボです。回線はNTTフレッツ光を使用しているので、安定していて高速です。

NTTが提供する光回線は次の4つです。
1.フレッツ光
2.ドコモ光
3.OCN光
4.ぷらら光

ぷらら光は、光回線をぷららがフレッツから借りて提供するものです。ここでは、ぷらら光について書いていきます。

ぷらら光は、ぷららプロバイダーと光回線がセットになり、ぷららに申し込むものです。「ぷらら光」と「ドコモ光for plala」は別物なのでご注意ください。

ドコモ光for plalaは、ドコモ光回線にプロバイダーであるぷららがセットになったもので、ドコモ光と契約するものです。

ぷらら光は、プロバイダーがぷらら(plala)に限定されますが、戸建てが月額4,800円(税込5,280円)で使える最安料金の光コラボです。

1.ぷらら光とは

インターネット接続事業者(プロバイダ)であるNTTぷららは、OCNに次いで会員数の多い、日本最大級のプロバイダです。

ちなみに「ぷらら」というのは、『広場』のPLAZA(プラーザ)と『楽しげな感情』のLALAという言葉の合成語だそうです。

このぷららが、光回線とプロバイダであるぷららをセットで提供するのがぷらら光です。

月額4,800円(税込5,280円)にはプロバイダー料金が含まれています。ほかの安い光と比較してみると次のようになります。

ぷらら光 4,800円
OCN光 5,100円
ドコモ光 5,400円(OCNを選択の場合)
NURO光 4,743円

NURO光もフレッツ光のコラボで、最速2Gbpsでいいのですが、エリアが限定されています。

全国エリアで最安は「ぷらら光」なのが分かります。料金体系は次のようになっています。

戸建て
(ホームタイプ)
4,800円
集合住宅
(マンションタイプ)
3,600円
機器レンタル代 IPoE方式のIPv6接続に対応したWiFi無線LANルーターが無料でレンタル。

プロバイダー料金込みで月額4,800円は安いです。普通は月額300円から500円でレンタルされる無線LANルーターが無料でついてきます。

2.ぷらら光のメリット

プロバイダーはぷららのみで選択の余地はありませんが、月額料金はOCN光よりさらに300円も安くなって、NTTグループ内では最安です。

・月額料金が安い
・プロバイダとしてぷららを希望する人にはお得
・手続きがネットでできる

NTTフレッツ光+ぷらら、ドコモ光for plalaで契約している方におすすめです。

3.ぷらら光のデメリット

プロバイダーがぷららに固定されるのがデメリットです。

・プロバイダーがぷららに限定される
・ぷらら光を解約すると、プロバイダと光回線の両方が廃止となってしまう。光電話を契約している場合は、光電話も使えなくなる。

ずっとぷららを使いたい場合は、ぷらら光で何の問題もないし、料金もドコモ光for plala タイプより安いです。

ただし、将来プロバイダーを変更する場合は、ぷらら光のままではできないため、いったんぷらら光を解約する必要があります。

このとき、光回線とプロバイダーが同時に解約になりインターネットも光電話も使えなくなるので、光回線とプロバイダーを別途契約するとともに、光電話を同じ電話番号で使いたいときは、番号ポータビリティにて転出先事業者へ連絡して手続き後に、ぷらら光の解約をする必要があります。

4.ぷらら光でんわについて

ぷらら光電話には大きなメリットがあります

電話の基本料金が安くなります
・NTTの固定電話は1,600円/月
・ぷらら光電話ベーシックは500円/月です
・相手の番号表示をするには発信者電話番号表示(400円/月)が必要ですが、これを入れても900円/月です
電話の通話料が格段に安くなります
・NTTは市内通話が3分8.5円、45kmを超える市外通話は45秒で40円など高価です
・光電話は距離に関係なく3分8.5円です

ひかり電話には6つのオプションがあります。
発信者電話番号表示(400円/月)
発信者電話番号通知リクエスト(200円/月)
通話中着信(300円/月)
転送電話(500円/月)
迷惑電話お断り(200円/月)
着信お知らせメール(100円/月)

これらのオプションを全部含めて、さらに無料通話が480円分ついたぷらら光電話プラスがあります。1,500円/月です。

使い切れなかった無料通話分は翌月に繰り越されます。ただし有効期間は翌月の1カ月間のみです。

今までの電話機がそのまま使えます。
電話番号もそのまま使えます。

⇒ ぷらら光を申し込む