安心のNTTグループ「OCNforドコモ光」

フレッツ光 再転用可能に

フレッツ光は、○○光という名称で光コラボ(コラボレーション)が盛んです。

これは、フレッツ光の光回線を別の事業者が借り、それに何らかのサービスを付加して別のブランドで提供するものを言います。

このような事業者は何十と存在します。ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光などもそうです。

フレッツ光からこれらの光コラボに変更するのは簡単にできます。これは回線の「転用」と言って、局内工事だけで済むので、ユーザー宅の工事は必要ありません。

メリットは、多くの場合、月額料金が安くなることです。

以前は、再び元のフレッツ光に戻したり、他の光コラボに変更することが簡単には出来ませんでしたが、2019年7月以降は可能になりました。

形の上では、今契約している光コラボを解約し、フレッツ光や別の光コラボを新規契約になりますが、以前は必要だった今使っている光回線の撤去と新たな光回線の引込工事が不要になり、ユーザー側は手続きだけで済むようになりました。

光回線の再転用が可能に

2019年7月1日から再転用が可能になりました。

例えば
回線工事をすることなく、フレッツからドコモ光へ、その後ソフトバンク光へ、またその後ソネット光へ、またまたその後フレッツ光へ戻すといったことが工事なしで可能になったのです。

工事費用も不要で立ち会いをする必要もありません。

でも、もともとフレッツ光回線なのだから、撤去したりまた引き込んだりという事自体が余計だったのです。

転用と事業者変更の違い

再転用が可能と言いますが、実際のところ手続きは「転用」「事業者変更」の二つです。

「転用」とは、「フレッツ光」から「コラボ光」へ変更するに際し、契約先を「NTT西(東)日本」から「光コラボレーション事業者」へ変更するための手続きのこと。(NTT西日本公式サイトより)

「事業者変更」とは、光コラボ事業者の「コラボ光(〇〇光)」を利用中の方が、新たに工事を実施することなく、他の光コラボ事業者の「コラボ光(〇〇光)」やNTT西(東)日本の「フレッツ光」に契約変更する手続きのこと。(NTT西日本公式サイトより)

これはこちらのページに詳しく書いてるので子参照ください。
⇒ 転用と事業者変更の違い

これはユーザーにとってとても喜ばしいことですね。

フレッツ光の契約数は、2,107万契約です(2019年3月現在)。このうち光コラボが約6割、フレッツ光利用者が約4割となっているそうです。

光コラボの中では、ドコモ光のシェアは45.4%と首位をとっています。

これからは光コラボがさらに進んでいくと思われます。シェア1位のドコモ光の概要は次のリンクからご覧いただけます。

⇒ GMOとくとくBBのドコモ光